いろいろな現場で活躍するフォークリフトを売る!買取のポイントとは

トータルでかかるお金

大型車

中古トラックを購入するときは、提示されている金額以上にお金がかかることがあります。ホームページなどに書かれている金額は車体本体の価格であり、税金やその他にかかる金額が含まれていません。
まず中古トラックを買う際にかかる費用はどんなものがあるのでしょうか。必ず加入しなければいけないのが自賠責保険です。この保険なしでは車検を通すことができないので、必ず必要となる費用です。また、中古トラックの種類によっては毎年車検を行なわなければいけない場合もあるので維持費を考慮して購入します。中古トラックを手に入れたときはナンバーがついていないので、取得手続きを行ないます。もしこの手続きをトラックを購入した販売店にしてもらうと代行費用がかかり、およそ1500円から30000円かかる見込みです。車を購入するときにも必要となりますが、トラックを購入したときにも車庫証明が必要です。この証明書を販売店に取ってもらうこともできますが、代行手数料がかかるので自分で取る人も多いです。だいたい3000円程度で取得できますが、代行手数料を含めると安くても8000円くらいかかってしまうので、販売店にお願いするときは手数料を確認するようにしましょう。
今乗っているトラックを廃車にする場合は、その費用も別途必要になります。トラックを廃車にする場合、登録を抹消するための手続きの他にトラックを解体する費用、トラックについているエアバッグ、フロンをリサイクルするための費用もかかります。購入する中古トラック以外に手放すトラックにもお金がかかってくることを頭に入れておきましょう。